おバカなサルーキのプルートと、弱虫ドーベルマン・ノエルと、良い子のシェルティ・ココと、訪れた生き物達の写真日記です!


by obakappu

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

土鍋でご飯を炊く
at 2018-02-18 14:06
土日家にいたら
at 2018-02-18 13:54
甘えん坊ジジ
at 2018-02-17 13:24
台所の混合栓取り替えた
at 2018-02-16 19:09
寒い車内の朝のまったり
at 2018-02-15 06:10
昨日は石磨きだった
at 2018-02-15 06:07
こんな看板初めて見た
at 2018-02-14 07:40
山奥の古典産地へ
at 2018-02-13 07:41
十字沸石とりにいった
at 2018-02-12 00:22
伊豆で
at 2018-02-11 00:07

カテゴリ

全体
プロフィール
お知らせ
こんなもの見たよ
my favolite thing
バイク、車
江ノ島ワンコ
学校
鵠沼
ニャンコ
考えたこと、言いたいこと
カメラ

登山
ヘビ、魚、カメ、ハト
新林公園
景色
友達に会った(オフ会ともいう)
父のお宝
砂金
凝り性
丹沢
家族
面白動画
耳知識
太陽光発電
ぷーままブランドスモーク
家にあるもの
2008 家族
2008 山梨
2008 ワンコ
2008 料理・・・肉
2008 料理・・・野菜
2008 散歩
2008 生き物
2008 植物
2008 美味しいもの
日記
2009 散歩
2009 ワンコ
2009 美味しいもの
2009 山梨
2009 生き物
2009 料理・・・肉
2009 料理・・・野菜
2009 植物
2010 日記
2010 ワンコ
2010 生き物
2010 おいしい物
2010 料理
2010/11 山梨
2011 日記
2011 ワンコ
2011 料理
2011 生き物
2011 おいしい物
2012 日記
2012 うちのワンコ
2012/13 山梨
2012 おいしいもの
2012 生き物
2013 日記
2013 おいしいもの
2013 生き物
2013 うちのワンコ
2013 料理
父の図
2014 日記
2014 料理
2014 生き物
2014 うちのワンコ
2014 犬散歩
2014 美味しいもの
2014-5 山梨
病気
2015 日記
2015 うちのワンコ
2015 料理
2015 おいしいもの
2015 動物
2015 植物
2015 犬散歩
2015 山梨
2017 日記
2017 うちのワンたち
鉱物
2017 鉱物
2017 生き物
2017 美味しいもの
2017 山梨
2017 犬散歩
病気
2018 日記
2018 うちの犬たち
2018 鉱物
2018 朝散歩
2018 生物
2018 美味しいもの・料理

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2005年 09月
2005年 08月

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
自然・生物

画像一覧

この冬一番の寒さ

0901_DSC7389.JPG
 
今朝は屋根の上が真っ白な霜。
寒かったよ。

 
0901_DSC7388.JPG

お隣の屋根も真っ白。
 
 
 
 
WANSのトイレを済ませて、さあ、洗い流そうと思ったら、水が止まった。
最初は出たんだけどふっと止まってしまった。
 
たら、たらっと出るもので、そのままにしておいたら、にゅるにゅると・・・
 
0901_DSC7391.JPG
 
シャーベットのような氷が出てきた。
 
寒いわけだ。
 
 
 
 
 
 
まだ、凍りつかないけどね。
 
 

 
 
 
[PR]
# by obakappu | 2009-01-27 03:08 | 日記 | Comments(0)

コサギ、久しぶり!

0901DSC_7165.JPG
 
久しぶりにコサギに会った。
同じ子だろうか。
 
0901DSC_7167.JPG

0901DSC_7171.JPG
 
0901DSC_7173.JPG
 
0901DSC_7180.JPG

0901DSC_7207.JPG

魚を捕ったところ等、たくさん写真を撮ったのだけど、どうも露出がオーバー気味のものが多かった。 
 
今のカメラも、前のカメラも、こんな潮風の中で使ったり、首から提げて自転車に乗ってこつんとやったり、本当に過酷な使い方をしているからなあ。
オーバーホールしたほうがいいのかもしれない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
# by obakappu | 2009-01-25 16:03 | 2009 散歩 | Comments(0)

今日の海

0901DSC_7211.JPG
 
強い南西の風で荒れていた。
 
波はあるけど、乗りにくそうだった。
 
 
 
0901DSC_7233.JPG
 
0901DSC_7244.JPG
 
0901DSC_7299.JPG


こんなことをしている間中、自転車のところで待っている2匹。
( 昨日、あんまり散歩の態度が悪かったぷーは置いてきぼり。 )
 
0901DSC_7231.JPG

今日は、風が強くてちょっと寒かったね。 ゴメン、ゴメン。
 

 
 
 
 
 
 
[PR]
# by obakappu | 2009-01-25 16:02 | 2009 散歩 | Comments(2)

いい男だなぁ。

0901DSC_7344.JPG
 
海岸でサーファーやコサギやトンビの写真を撮って戻ったら、待たされたノエルのこの顔。
 
男前だよ。
いい顔になったなあ。
 
 

 
 
 
[PR]
# by obakappu | 2009-01-25 15:23 | 2009 ワンコ | Comments(2)

エンゼル稚魚 vol.3

0901DSC_7012.JPG
 
母さま、これよ。
 
私も慣れてきた。
エンゼル両親も慣れてきた。
 
0901DSC_7016.JPG


ブラインシュリンプの育て方もうまくなってしまったし、
水槽掃除の仕方もうまくなってしまったし、
 
人工飼料の与え方もうまくなってしまった。
 
今回減っていない気がする。
 
 
これからドドンと減るのかもしれないけれど、うまく育ったら、それはそれで恐ろしいことだ・・・
 
 
 
 
 
 
仲の良いペアを別れさせるのはつらいけれど、やるしかないだろうなあ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
# by obakappu | 2009-01-25 15:11 | ヘビ、魚、カメ、ハト | Comments(0)

ミモザ・・・海岸で

0901DSC_7127.JPG
 
先日、ミモザが黄色いのは葉っぱって書いたけど、海岸に近いところでは咲いていました。
 
小田急江ノ島駅のそば。

以前に書いた、お年を召したマスールのお住まいのミモザ。
( マスールは白百合学園の修道女さんの呼び名です。
  フランスのO&クロさんによれば、「マスール」と言うのは
  英語の「My sister マイ シスター」なのだそうです。)
この近くには、家の壁にブーゲンビリアが絡まっているお宅があり、海が近いと、ほんの少しの差で温度がかなり違うのだなあと実感したものです。
ちなみに我が家の庭に植えてみたブーゲンビリアは冬は完全に葉を落とし、極寒の間は覆いをしないと枯れてしまいました。(我が家は海岸から直線距離約1・5kmです。) 
 
 
0901DSC_7123.JPG

0901DSC_7121.JPG
 
0901DSC_7124.JPG

O&クロさん、
海から500mくらいまでは、湘南もプロバンスと同じかもしれません。

 

 
 

 
[PR]
# by obakappu | 2009-01-25 14:14 | 2009 散歩 | Comments(2)

どピーかん

0901DSC_7132.JPG
 
今朝はすごく寒かった。
屋根は厚い霜で覆われていて、金属の郵便受けの屋根は凍りついていた。
 
その代わり、空は超ど級のピーカンだ。
 
0901DSC_7133.JPG

こんな日に江ノ島を走らない手は無い。
 
0901DSC_7135.JPG

ときどき、頭の上の空は真っ青なのに、海まで行くと、山とかかすんでいて、よく見えない日もある。
でも、きょうはまったくのど ピーかん。
気持ちよかったよー。
 
0901DSC_7137.JPG

風の強い日は、雲も飛んでしまうらしい。
 
0901DSC_7139.JPG

昨日は、曇っていたんだけど、全く今日は気持ちいい。
 
0901DSC_7160.JPG

海から陸を振り返ると、もっと青が濃い。
 
 
0901DSC_7233.JPG

風が強いのが波でわかるわね。
 
0901DSC_7267.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 

  
[PR]
# by obakappu | 2009-01-25 14:13 | 2009 散歩 | Comments(0)

“沈むドーベルマン”

0808IMGP0784.JPG
 
うちのノエルったら、水は大嫌い。
川岸に近づくのも用心している。

去年の夏の特訓はまた皆さん
の笑いを誘った。
 
 
ところが!
大阪に、泳げないのに果敢に(?)川に飛び込んだドーベルマンがいる。
こちらは女の子。ロゼちゃんという、とっても美人さん。
 
ノエルと同じ。ハハに出会ったときはガリガリのドーベルマンだったけれど、今では立派な体格の女の子。妹も2人(ボクサー&人間)もできて、充実した毎日を送る彼女に何が起こったか。
 
 
それは、正月帰省中のチチの田舎(鹿児島)での出来事。
 
足がつくと思ったらしく、岩から足を踏み出したところが深みで、何度も沈んでやっともとの石に戻ったという・・・
 
聞くよりこちら→ 「沈むドーベルマン」 
 
実は、ノエルが泳いでいるとき(無理やり泳がせているとき)、ときどき思い切り沈むのを目撃していた。
あれ、本当に沈んでいたんだな。
 
こいつら、本当にかなづちらしい。。。。
 
 
 
 
 
 
 
大学のときに、NHKの母と子の水泳教室で有名な教授の水泳指導を受けたけれど、教授が言っていた。
“ 世の中には本当に生まれつきの「かなづち」の人がいる。
  比重が1.0以上でどうしても水に浮かない人だ。 
  肺に空気を吸い込んだときだけ、かろうじて軽くなるが,どうしても沈んでしまうのだ。 ”・・と。
 
 
この子たちの比重、測りたくなった。 
 
 
 
 
 
[PR]
# by obakappu | 2009-01-25 11:34 | 2009 ワンコ | Comments(0)

毛皮はいらない② また、気の重い話題をしなくてはならない

娘とアウトレットに行って、コートを探していて、いやになった。
なんと、たくさんのファーが、ただ飾りのためだけについていることか・・・
 
            FAR.jpg

特に今年は、この手のコートが多かった。
いいな、と思うコートには、リアルファーがついていた。
御殿場で、とうとうリアルファーのついていない黒いコートは見つけられなくて買うことはできなかった。
 
 
 
この話は前にも発信したことがある。
やはり定期的に発信しなくてはならないのだろう・・・
とてもつらいけれど。
 
 
私も、以前は知らなかったから。
知らなかったときは、可愛かったら買っていただろうから。
 
 
 
 
 
安価なコートや、手袋などの衣料品についているリアルファー(本物の毛皮)。
あれは、羊の毛を刈るように毎年刈り取れるものではない。
毛皮をはがれたら、その動物は死ぬしかないのだ。
 


昔は、山の中で漁師さんが命がけで鉄砲を持って動物を追った。
いまでも、昔ながらの生活をして、伝統的な方法で猟をして、毛皮を剥いで生活している人もいるだろう。そういう生活を否定はしない。そういう毛皮を使うことも否定はしない。
 
 
 
 
 
でも、私たちの高くても1万円程度のコートについている毛皮。
それが問題なのだ。
大体、私たちは、あの毛皮が無くては生活できないなんてことがあるだろうか。
あの毛皮が無くては寒くて凍えてしまうなんてことがあるだろうか。
 
 
 

 
私が問題だと思うのは、あの毛皮が、かなりの割合で中国で生産された犬、猫の毛皮だと言うことだ。
(→怖い映像を含まない毛皮反対団体のHP
毛皮に反対する団体のHPで、いろいろ報告されているけれど、中国では犬や猫をたたきつけて気絶させて毛皮を剥いだり・・・
本当にひどいと思ったのは、「棒で殴って針金で足からつるして、まだ、瞬きをしている、意識のあるシェパードの毛皮を剥いだ」、と言う話。しかも、赤裸の犬はそのまま絶命するまで15分くらい苦しむのだ。
生きたままミンチの機械に放り込まれて、機械の中から、見覚えのある目だけがこちらを見ている写真を見た。
なぜ、目だけが「見覚え」があったかというと、あとは筋肉の標本のようだったからだ。
でも、その目はまだはっきり生きていて、痛いよ、と訴えていた。
 
ぷーままは、それ以上の映像は見ることができない。
その目だけで、何日もふるえてしまって、何日も心が重くなって、何日も何日も自分にできることが無いかと心の中で涙を流しながら考えた。

どうしてマスコミは取り上げてくれないんだろう。 
どうにかして取り上げてはもらえないだろうか。
ショップのトイレとかにゲリラ的に写真入り張り紙をして、消費者に訴えられないだろうか。
新聞に投書したらどうか。・・でも、どういう文で?
 
 
 
 
どうしても、いい案や、いい文は浮かばない。
 
 
 
だから、ブログで、せめて、ここに来る人には知ってもらいたい。
 
 
 
 
 
犬、猫だけではない。
今、毛皮産業は先進国から、中国などの国に移行した。
かの国では、動物をできるだけ安楽に殺してから毛皮を剥ぐ、と言うことをしない。

中国では生きたまま剥がないと毛がぬける、と信じている人も多いと聞く。
とんでもないことだ! 
儒教ってのは、かの国で生まれたんじゃあなかったっけ??
(今、検索したら、確かに孔子が始めた儒教だけど、中国に残っているとは思えない!)
 
タヌキもキツネもミンクもチンチラもたぶん中国が一番の生産地。

彼らも大変な被害者だ。
 
 
 
 
 
そして、また、ぷーままのいいたいこと。
 
 
「 買わなければ殺されない! 」
 
どこかの団体のスローガンです。
そう、私たちが買わなければ、殺されないのです。

今、リアルファーのついた服を着ている人たちも、ほとんどの人は、事実を知っていたら買わなかったと思います。
どうか、この文を読んだ方々。
周りの人に教えてあげてください。
言い出すきっかけは、とても難しいです。
言い方もとても難しいです。

でも、ぜひ、伝えてほしい。
広めてほしい。
 
 
 
 
ぷーままは小学校で話します。
とても難しいです。
現に、ついているコートの子がいますから。
 
タヌキが多いですね。
後は、明らかなシェパードの毛皮。
 
 
「 今もっている毛皮は大事にしてよ。 その持ち主が命と引き換えにくれたものなんだから。 」
と必ず言うようにしています。 そうでしょ? 「きゃー!」なんて捨てられたくありません。
そして、そのコートを持っていることで周りの子達にいじめられないように(そこが難しいです)、クラスのメンバーを頭において、押さえ込みます。
今のところ、リアルファーの子達は大事に毎日着て学校に来ますから、話はちゃんと通じたと思います。 
 
 

 
EUには、去年法律ができました。
施行されるのは来年ですが、
「 私たちは知らずにその行為に加担させられたくない。 」と言うのが、法案提出委員の言葉でした。
全く同じです!!私も、加担したくありません。
みんなも同じでしょう???
 
 
 
ぜひ伝えてください。
 
 
 
 
(実情を見る勇気のある方は こちら からいろいろご覧になってください。)
 
 
 
 
 
 

さらに
[PR]
# by obakappu | 2009-01-24 02:38 | 考えたこと、言いたいこと | Comments(0)

ミモザ

0901DSC_6995.JPG

暗くなり始めた路地に、黄色くミモザが見えました。
ぱちぱち撮ってきたのですが、家で見てみたら・・・
 
 
 
 
0901DSC_6993.JPG

0901DSC_6996.JPG

つぼみはまだ小さくて、黄色いのは葉っぱだったんです。
 
咲くのはいつかしら・・・・ 
 
 
 
 

 
 
 
[PR]
# by obakappu | 2009-01-24 02:28 | 2009 植物 | Comments(0)