人気ブログランキング |


おバカなサルーキのプルートと、弱虫ドーベルマン・ノエルと、良い子のシェルティ・ココと、訪れた生き物達の写真日記です!


by obakappu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

大豆サポニン
at 2020-01-23 23:20
暖かいらしい
at 2020-01-21 23:34
暖かいらしい
at 2020-01-21 23:34
夕歩道
at 2020-01-21 19:56
臭い娘のお風呂
at 2020-01-20 22:49
寒がり娘は
at 2020-01-19 22:21
手抜きもそうじゃないのも区別..
at 2020-01-17 23:48
新年の石磨き
at 2020-01-16 21:11
新年のお弁当
at 2020-01-15 20:48
ママったら
at 2020-01-14 20:42

カテゴリ

全体
プロフィール
お知らせ
こんなもの見たよ
my favolite thing
バイク、車
江ノ島ワンコ
学校
鵠沼
ニャンコ
考えたこと、言いたいこと
カメラ

登山
ヘビ、魚、カメ、ハト
新林公園
景色
友達に会った(オフ会ともいう)
父のお宝
砂金
凝り性
丹沢
家族
面白動画
耳知識
太陽光発電
ぷーままブランドスモーク
家にあるもの
30 2008 家族
30 2008 山梨
30 2008 ワンコ
30 2008 料理・・・肉
30 2008 料理・・・野菜
30 2008 散歩
30 2008 生き物
30 2008 植物
30 2008 美味しいもの
日記
29 2009 散歩
29 2009 ワンコ
29 2009 美味しいもの
29 2009 山梨
29 2009 生き物
29 2009 料理・・・肉
29 2009 料理・・・野菜
29 2009 植物
28 2010 日記
28 2010 ワンコ
28 2010 生き物
28 2010 おいしい物
28 2010 料理
28 2010/11 山梨
27 2011 日記
27 2011 ワンコ
27 2011 料理
27 2011 生き物
27 2011 おいしい物
26 2012 日記
26 2012 うちのワンコ
26 2012/13 山梨
26 2012 おいしいもの
26 2012 生き物
25 2013 日記
25 2013 おいしいもの
25 2013 生き物
25 2013 うちのワンコ
25 2013 料理
父の図
24 2014 日記
24 2014 料理
24 2014 生き物
24 2014 うちのワンコ
24 2014 犬散歩
24 2014 美味しいもの
24 2014-5 山梨
病気
23 2015 日記
23 2015 うちのワンコ
23 2015 料理
23 2015 おいしいもの
23 2015 動物
23 2015 植物
23 2015 犬散歩
23 2015 山梨
21 2017 日記
21 2017 うちのワンたち
鉱物
21 2017 鉱物
21 2017 生き物
21 2017 美味しいもの
21 2017 山梨
21 2017 犬散歩
病気
20 2018 日記
20 2018 うちの犬たち
20 2018 鉱物
20 2018 朝散歩
20 2018 生物
20 2018 美味しいもの・料理
20 2018 山梨
19 2019日記
19 2019うちの動物たち
19 2019鉱物
19 2019美味しいもの
19 2019生物
色々な趣味
19 2019 天体観測
病気
19 2019 山梨
18 2020 日記
18 2020 美味しいもの、料理
18 2020 うちの子たち
18 2020 生き物
18 2020 鉱物
18 2020 天体

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2005年 09月
2005年 08月

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
自然・生物

画像一覧

<   2012年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

すばらしい床材



昨日は雨だったのでどこにも行かずに、勉強部屋になっている一階洋間の床の張替えをした。

とにかく築40年を迎えたこの部分の建材は、当時の接着剤が耐用年数を過ぎているそうで、
水にぬれると剥がれ落ちる。
あの大震災で熱帯魚の水槽の水がこぼれて床がひどいことになってしまっている。

写真には写っていないが窓側の床は表面がぷかぷか。

犬どもにシッコをされようが、水槽の水がこぼれようが大丈夫なように、いろいろ考えてきたが
今回見つけたのが、理想的な完全に防水の室内用床材。
東リのマチュアという、室内で車椅子とか使う人用の床材。
ちょっと高かったけれど、いやーすごい。

ペット特に大型犬を飼っている人に是非お勧め!!





家具を置いてもへこまない。
家具が上を滑って移動しやすい。
表面はつるつるではないので、犬も滑りにくい。

いえ、あまりいい床材で、色もいろいろあり、本当にお奨め!!!

 

 

 
by obakappu | 2012-06-11 07:48 | 26 2012 日記 | Comments(0)

すごい! 神業!!



車体の長さ+15センチで縦列駐車。
ギネスレコードだそうです。






by obakappu | 2012-06-11 07:47 | 面白動画 | Comments(0)

これもすごい!!(いや、このほうがすごい!)

話がややこしくて、すごさが伝わるかなーと思うけれど・・・


さっき朝ごはんに、きんぴらごぼう食べていたの。



山北の地元スーパーふるぎやさんで売っている、
おばちゃんたちが切ってから売っているゴボウとニンジンで作ったきんぴらごぼう。
ゴボウが太くて長い(笑)。

何口目かに、
長すぎてちょっと口に入らなくて、ガブってかみなおしたら、
口の方向から何かが弾き飛ばされた・・・




よくみたら、「蚊」なの。
しかも、まだ生きている。
もぞもぞ動いている・・・



え??
何でとんだの??

しばらくして唇の真ん中の下の淵がはれ始めた。。。

かゆい・・・





もしかして、この蚊ったら、
唇にとまって血を吸っていたところを
きんぴらごぼうにはさまれて弾き飛ばされたの???

これってすごくない???


  
    
   

  
   
  
by obakappu | 2012-06-11 07:47 | 26 2012 日記 | Comments(0)

いろいろな偶然

学校のアルバムのためにいろいろな写真を撮りに来てくれるカメラマンさん。



あの、こだわりの古い車に乗ってやってくる、彼は、
一時ノルウェーに通い続けたそうで、
会社の名前も、Fotobutikk Premという。

彼に会うと、スウェーデンのKanaさんを思う。


この日はアルバム用の先生の写真撮り。


校長先生がフレグランスブーケをお部屋に置いて、とてもいいバラの香りがするので聞いたところ、
鎌倉で買ってきたとのこと。
見せてもらうと、デュランス社のこれ

あら、プロバンスのものなのね。

南仏、ラヴァンドゥーのO&クロ さんや51photomotoさんファミリーの顔が浮かんだ。

この日の帰りに鎌倉に回ってみた。






krone-hus(クローネ・フス)」というお店。oの上にウムラウトがつく。

もともと御成町にあったkrone(クローネ)というお店の2号店らしいけれど、そこに行ったら、これまた、北欧の雑貨を扱うお店で、









その店に、なぜか、プロバンス産のフレグランスブーケを売っている・・・




   

   

なんだろうね。
妙に同じ人の顔ばかり浮かんでしまったよ。

   

   

ところで、この、フレグランスブーケ、とてもすっきりしたバラの香りでお勧めですよ。

   

   

   

   

   

 
by obakappu | 2012-06-07 08:13 | 26 2012 日記 | Comments(0)

うじゃうじゃ



玄関周りの塀にうじゃうじゃ這い回っている黒いもの。

小さいから、うじゃうじゃを分かりやすく撮れないのだけれど、
そこかしこに、本当にうじゃうじゃ。

ゴミ箱の中にも8匹くらい侵入していたし、 ポストにも手すりにも、

とにかく、そこにも、ここにも。
荷物についてくるのか、這って来るのか、
部屋の中にも見つかる。


テントウムシの幼虫ですよ。


玄関横のコウヤマキの木。
アブラムシでべとべとだった。
下にバイクや自転車を置くと、べたべたになって困るくらい。
毎年、この時期、テントウムシが集まってきてきれいに食べてくれる。


くわしくは、ナミテントウという。
ほら、まだ少しいるけれど、新芽が見えないほど集まっていたアブラムシ、いないでしょ??


塀にお尻の先をくっつけて、さなぎになる。


これが、

こうなる。

テントウムシは肉食なので、さなぎになると動けなくて、逃げられないので共食いされることが多い。
喰われないように、遠くにいってさなぎになろうとしているんじゃないのかしら。


無事、成虫になって、
成虫になったら、又ここで卵を産んでねー。

   

   

   

   

   

 
by obakappu | 2012-06-07 08:12 | 26 2012 生き物 | Comments(0)

ミツバチその後

昨日生徒がやってきて言う。

「 先生、ミツバチやっと減ってきたよ。 」

やっぱり・・・。

分かっていたことだけれど、昼間の回収だったので、そのときに新しい巣の場所を探しに行っていた
働き蜂が取り残されたのだ。

戻ってきたら、仲間も女王もいなかった・・・
探しても見つかるわけも無い。
そこいらへんを、ずっと飛び回って、そのうち飢えて死ぬ。
( 家の近くなら、夜まで回収した箱を置いてみんな入るのを待って移動する )

まあね。 そうでなくてもミツバチにはいろいろな危険が待ち受けている。

蜘蛛に食われたり、スズメバチにつかまったり、人の家に迷い込んでキンチョールかけられたり、

普通に暮らしていても、春は蜜集めが忙しく、過労で巣の直前で落ちて死ぬハチも多い。
今回だって、あの、ハチのボールの下にいっぱい死骸があった。
寿命が尽きたり、飢え死にした働き蜂だった。

しょうがないことだけれど、群れを探して飛び続けている働き蜂を思うと、人間的にはつらい。

   

   

   

   
ところで、日曜に、中野養蜂店に行ってみた。



いろいろな蜂蜜を量り売りしている。
ほとんどが外国産。

カナダ産のクローバーの蜂蜜と、ブルーベリー果汁をミックスした蜂蜜を買ってきた。

お庭のミツバチたちが集めた蜂蜜も売っていたけれど、こちらは超高価!
あの子達が集めた蜂蜜も今に店頭に並ぶね。



ヨーグルトにかけたらおいしゅうございました。



   

   

   

   

   

 
by obakappu | 2012-06-05 07:16 | 26 2012 日記 | Comments(0)

すごい~!!

AQUAの旦那 さまのつぶやきから頂きました。

是非最後まで見てね。
予想外の展開だから。








他にもいた。







このZEBちゃん、最後にちゃんと風防グラスをはずすんだわ。


自分で乗る子、いるんだねー。
by obakappu | 2012-06-05 06:51 | 26 2012 日記 | Comments(0)

いろいろな日常

昨日も丹沢にいた。

朝4時におきてぶっ飛んでいった。
ソロ爺さんは北海道だから、今日は一人。

一人でメガネ掘りしていて川に流されてはいけない、と息KOがいうので、
人目のある場所で掘り掘り。


近くではお茶農家の人たちがお茶の摘み取り。



この時期、この間みたいに刈り込むのは5年に一度くらいなのだって。
そうしないと樹勢が落ちるのだそうな。


さすがにどの田んぼも田植えは済んだ。
山北は田植えが遅い。
静岡御殿場に行くと連休頃だそうだ。
土地によって時期が違うんだね。



川で砂金を掘っているときに、すぐ上の田んぼで、あぜの草刈や、田植えの音がしていると、
人様が汗を流して働いているときにこんなに遊んでいて・・と、
ちょっと申し訳ない気持ちがして、いけない。


   
   
   
   



こちらは害獣駆除の人たち。
鹿を撃つ。
この犬達はなんという種類だろう。
ビーグルと似ているけれど、もう少し大きくて、茶色の濃淡の模様がある。

鹿がたくさん里に下りてくるので、田んぼや畑にはすべて囲いがしてある。

最初は山に向かって柵を作ったが、鹿が川から回り込んできたので、
今はぐるりと囲いがある。
川の堰堤の上にはずーーーーっと、万里の長城のように柵が作ってあって、
釣り人とかが川で遊んだ後、降り口のドアをちゃんと閉めていかなかったといって地元の人が怒っている。
河原には鹿の足跡と糞がいっぱい。

なるほど。


  

 
 

  
 

  
   
by obakappu | 2012-06-05 06:50 | 26 2012 日記 | Comments(0)

火事は怖いね


先月中旬、私が砂金掘りに行っている昼間に、近所(直線で500m以内)で火事があった。

気付かずに近くを通ってびっくり。






昼間の火事で、おばあさんが一人軽いやけどを負っただけで済んだそうで、それだけは良かった。
電動のベッドから煙が出ていたのだそうだ。

   
   
   

   
   
 
by obakappu | 2012-06-03 08:51 | 26 2012 日記 | Comments(0)

昨日の顛末

31日午後、一人の警官が職員室を訪れて、学区に蜂が出ているので注意してほしいと言ってきた。

鎌倉方面から大群でだんだん移動してきて、今は学区内の木に集まっている、という。
市役所にも連絡したが、巣がないと駆除できないと言われたと・・・。
蜂の種類はミツバチらしい。

・・・・・・・

おかしい。

集団でだんだん移動する蜂など聞いたことは無い。


・・・・・・・・

学校では至急担任を集めて、その方面に帰る子供に注意するようにと連絡をした。
むやみに興味を抱くような話はしないように・・と。


・・・・・・・・・・・



分蜂したミツバチなら、本当に攻撃性が無いので、
誰かにいたずらされたり、殺虫剤をかけられてしまう前に何とかしてやりたい、 と、
ダンボールの箱と、ガムテープを持って、ぷーまま、現場に出かけた。
もう帰る時間だったからね。



・・・・・・・・・・・



現場に着くと、道路工事の旗振りのお兄ちゃんが、『 ここ、ここ! 』と、手を振って教えてくれた。

やっぱりミツバチの分蜂だった。




2mくらいの高さの木にぶら下がっている。

このときは日本ミツバチかと思ったけれど、西洋ミツバチだった。
もう少し低いところだったら、段ボール箱に入れて新林公園にでも運んで、騒ぎにならないところに置いてやろうと思ったのだけれど、2mでは手が届かない。
塀に乗れば届かない高さではないけれど、箱を持つ助手が必要で無理だった。

分蜂中の蜂はめったなことでは刺さないので、
昔我が家で飼っていた西洋ミツバチも父が素手で箱に入れて捕まえてきたのだった。
うちから分蜂した群れも、用心のため手袋していたけれど、刺されたりせずに回収していた。

でも、残念ながら今回は一人で道具もなしでは、ちょっと無理な高さだった。

・・・・・・


話を聞くと、その旗振りの兄ちゃんが、蜂がぶんぶん飛んでいるのに気付き、
その蜂が一軒の木に集まるのをみて、交番、市役所に電話し、木のある家にも教えたらしい。

実は、その兄ちゃんが一番怖がっていた(笑)。


・・・・・・・・・・


その家のおばあちゃんと、近所のお母さん(小学校の保護者)に、

これは分蜂と言って、ミツバチの巣で次の女王蜂が出るときに必ず起きる現象であること。
元の女王が巣から出て新しい場所を探すのだが、そのときに働き蜂が半分付いていくこと。
ここにあるのは蜂の塊で、蜂蜜などなく、中心に女王蜂がいること。
今は、新しく巣を作る場所を必死に探していること。
だから、殺虫剤をかけたり、石を投げたり、特にいじめたりしなければ刺されたりしないこと。

飛んで来た働き蜂がしっぽをふりながら8の字ダンスを踊って、新しい巣候補地を仲間に教えていること。
8の字ダンスは、8の字の角度とお尻を降るスピードで 方角と距離が分かること。
今いる蜂は全部メスだと言うこと。

・・・・・・・・・

他にもいろいろ、知っている限り、思い出す限り、
ずーっと説明した。

近所のほかの保護者もやってきて、また最初から説明・・。




「 あらー、最初見たときは、怖い怖いと思ったのに、先生の話聞いたらなんだか可愛く見えてきたわ。 」


嬉しいなあ。


カラスが蜂を食べようとやってくるのだけれど、お母さんたち、カラスを追ってくれた。

うん、うん、
これなら殺虫剤をかけられないですみそう。




市役所の環境保全課の人も様子を見に来た。
信号機とかバス停とか、どうにも危険な場所のときは駆除するけれど、ここなら駆除したくないと。

「 どうでしょう。 このままそっとしておいてやってはくれませんか?? 」
市役所の人もそう言ってくれた。


・・・・・・・

そのうち、生徒たちが帰ってきた。
遠巻きに駐車場の向こうを通ろうとしている子供たちを呼び寄せた。

『 こんな機会、めったに無いからね。 良く見ておきなよ。 』

子供たち、みんな近くで見て帰ったよ。




みんな、ミツバチを可愛いと思ってくれるようになったのが嬉しいなあ。


大急ぎで家に帰って、ネットで検索、やっと辻堂の蜂蜜屋さん(中野養蜂園)が養蜂家であることを発見。  
電話をかけて問い合わせたところが、今日は無理だけれど、明日、もしまだいたなら、取りに来てくれるとのことだった。

もう一度現場に戻って、連絡をして、中野養蜂園に連絡先を電話。

「 あのー、その蜂蜜屋さんは、これを捕まえていって殺すんじゃないですよね。 」
「 はい、大丈夫ですよ。 しっかり飼ってくださいますよ。 」

今、世界的にミツバチが減って困っているのだと言うんだものね。

今日、午前中に、やってきて、きれいにとって行ってくれたそうだ。
夕方、中野養蜂園に電話したところ、西洋ミツバチで、予想よりはるかに大きな群れでびっくりしたそうだ。
近くで飼っているところから分蜂したか、逃げたものだろうと。

  

  

  


良かった、良かった。
たくさんの蜂の群れ、殺されずにすんだ。

放課後の時間、全部つぶして説明した甲斐があった。
( うちでミツバチを飼っていたのは、もう、40年以上前で・・・(笑)・・うろ覚えでずいぶん嘘も言っちゃったけど。 )
  

  

  

  

  



                                      


                                                                                                                                                                                                                                

by obakappu | 2012-06-02 04:54 | 26 2012 日記 | Comments(2)