人気ブログランキング |


おバカなサルーキのプルートと、弱虫ドーベルマン・ノエルと、良い子のシェルティ・ココと、訪れた生き物達の写真日記です!


by obakappu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

大豆サポニン
at 2020-01-23 23:20
暖かいらしい
at 2020-01-21 23:34
暖かいらしい
at 2020-01-21 23:34
夕歩道
at 2020-01-21 19:56
臭い娘のお風呂
at 2020-01-20 22:49
寒がり娘は
at 2020-01-19 22:21
手抜きもそうじゃないのも区別..
at 2020-01-17 23:48
新年の石磨き
at 2020-01-16 21:11
新年のお弁当
at 2020-01-15 20:48
ママったら
at 2020-01-14 20:42

カテゴリ

全体
プロフィール
お知らせ
こんなもの見たよ
my favolite thing
バイク、車
江ノ島ワンコ
学校
鵠沼
ニャンコ
考えたこと、言いたいこと
カメラ

登山
ヘビ、魚、カメ、ハト
新林公園
景色
友達に会った(オフ会ともいう)
父のお宝
砂金
凝り性
丹沢
家族
面白動画
耳知識
太陽光発電
ぷーままブランドスモーク
家にあるもの
30 2008 家族
30 2008 山梨
30 2008 ワンコ
30 2008 料理・・・肉
30 2008 料理・・・野菜
30 2008 散歩
30 2008 生き物
30 2008 植物
30 2008 美味しいもの
日記
29 2009 散歩
29 2009 ワンコ
29 2009 美味しいもの
29 2009 山梨
29 2009 生き物
29 2009 料理・・・肉
29 2009 料理・・・野菜
29 2009 植物
28 2010 日記
28 2010 ワンコ
28 2010 生き物
28 2010 おいしい物
28 2010 料理
28 2010/11 山梨
27 2011 日記
27 2011 ワンコ
27 2011 料理
27 2011 生き物
27 2011 おいしい物
26 2012 日記
26 2012 うちのワンコ
26 2012/13 山梨
26 2012 おいしいもの
26 2012 生き物
25 2013 日記
25 2013 おいしいもの
25 2013 生き物
25 2013 うちのワンコ
25 2013 料理
父の図
24 2014 日記
24 2014 料理
24 2014 生き物
24 2014 うちのワンコ
24 2014 犬散歩
24 2014 美味しいもの
24 2014-5 山梨
病気
23 2015 日記
23 2015 うちのワンコ
23 2015 料理
23 2015 おいしいもの
23 2015 動物
23 2015 植物
23 2015 犬散歩
23 2015 山梨
21 2017 日記
21 2017 うちのワンたち
鉱物
21 2017 鉱物
21 2017 生き物
21 2017 美味しいもの
21 2017 山梨
21 2017 犬散歩
病気
20 2018 日記
20 2018 うちの犬たち
20 2018 鉱物
20 2018 朝散歩
20 2018 生物
20 2018 美味しいもの・料理
20 2018 山梨
19 2019日記
19 2019うちの動物たち
19 2019鉱物
19 2019美味しいもの
19 2019生物
色々な趣味
19 2019 天体観測
病気
19 2019 山梨
18 2020 日記
18 2020 美味しいもの、料理
18 2020 うちの子たち
18 2020 生き物
18 2020 鉱物
18 2020 天体

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2005年 09月
2005年 08月

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
自然・生物

画像一覧

毛皮はいらない

残酷な話題だから書きたくないなぁと思うこともしばしばある。
でも、書かなくてはならない。

 

 

かなり昔から、欧米の女優(ブリジット・バルドーが有名)が、裸でデモしたりして「毛皮はいらない」運動をしていたのは知っていた。
ヒステリックなことだなあと、その程度にしか思っていなかった。

 

数年前に、そうした運動の元が、どこにあるのかを知ることになった。

今でも私はその動画を見ることができないのだが、
中国で、毛皮用に飼われた犬が、麻酔もなく生きたまま毛皮を剥がれる動画。
犬はミンクやキツネに比べて飼いやすく殖やしやすく、しかも表面積が大きい(一頭から大きな毛皮がとれる)し、殺すのも楽だ。
大きな犬、シェパードやセントバーナード、ゴールデンレトリバーが多く飼われ、殺されているのだ。
そうだと思ってイ〇ーヨーカ堂などの一万円以下のフード付き婦人用コート売り場を見ると、犬種が分かるようになる・・。

 

知ったときは本当にショックだった。
ありえない…と思った。

でも、
毛皮を取るためにどのような残酷なことが行われているかや、
ただの飾りのために、多くの犬や猫やタヌキが生きながら毛皮をはがれている現実を知らなくてはならない。

「 毛皮はいらない 」(見ていないので断言できないけれど以前はここに動画がありました)
「 動物の毛皮はいらない 」
 

 

私たち人間は、動物だから、ほかの命を食べなければ生きていけない。
たとえベジタリアンであっても、食べているのはまぎれもない「命」である。
だから、「頂きます」と言って食事を始めるのだと私は思っている。
命をいただいて生きていくしかないのだから・・・

 

でも、だけど、
洋服の端っこの飾りのために命を奪っていいとは思わない。
そんなもののために、狭い檻の中で繁殖させられ殺される命を作っていいとは思わない。



この、フードに付いた毛皮は飾り以外の何物でもない。

これがなければ寒くて凍える、というようなものではないのは明らかだ。

こんなもののために、おそらく中国で、一頭のラクーンが殺されたのだ。
コートには、「ラクーン」と書かれている。
タヌキ(あるいはアライグマ)、と書くよりかっこいいから?

 

 

私も昔は意識がなかった。
毛皮のついている服をかっこいいと思っていた。
物語の中で読んだような、「猟師」さんが、鉄砲でキツネやウサギを撃って、その毛皮がついているのだと、その程度に思っていた。
知らないということはそういうことだ。
だから、知らせなくてはならない。

 

 

どうか、毛皮の製品を買わないでほしい。
私たちが買わなければ、毛皮をはぐために犬や猫が殺されることはなくなっていく。
買うから産業として成り立っているのだから。

すでにEUでは、「消費者は犬や猫だと知らずに毛皮を買わされている」という理由で
犬猫の毛皮の輸入が禁止されている。
日本とアメリカがそれらの輸入のほとんどを担っているらしい。
犬猫に限らず、ミンクだってキツネだって同じことだ。

飾りのために命を奪っていいなんてことはない。

 

 

知らない人にぜひ教えてほしい。
「 毛皮を買わないで。
飾りだけのために、犬や猫がたくさん殺されている。
買う、ということで、そんなことに加担しないように・・・。 」

 

 

 

 

 

(食肉産業の副産物として生産される羊の毛皮…ムートン…に関してはこの限りではないと思っています。命をいただくのだから、その命は毛皮まで、大事に使わせていただかなくては・・)
by obakappu | 2013-02-11 02:14 | 考えたこと、言いたいこと | Comments(2)
Commented by buribushi at 2013-02-11 13:11
全面的に同感です。私は毛皮のついたものを一度も着たことも買ったこともありませんが、人に伝えることに積極的になれず、これは臆病、これは卑怯。
Commented by obakappu at 2013-02-11 21:20
すばるさん、
この話は残酷すぎてなかなか口にしにくいのです。
知ったら買わない人のほうが多いと思うので、気づいたら書くようにしています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード