おバカなサルーキのプルートと、弱虫ドーベルマン・ノエルと、良い子のシェルティ・ココと、訪れた生き物達の写真日記です!


by obakappu

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

良かったこと、悪かったこと
at 2018-09-19 20:17
今回一番の収穫は
at 2018-09-19 20:08
貯鉱場
at 2018-09-19 19:50
今回一番の収穫は
at 2018-09-17 19:55
今日は甲武信
at 2018-09-16 22:16
山梨に来た
at 2018-09-15 23:05
美味しくなかった
at 2018-09-14 19:02
石磨き
at 2018-09-13 23:11
科学クラブでプログラミング
at 2018-09-12 23:00
鉱物の会に行った
at 2018-09-11 16:57

カテゴリ

全体
プロフィール
お知らせ
こんなもの見たよ
my favolite thing
バイク、車
江ノ島ワンコ
学校
鵠沼
ニャンコ
考えたこと、言いたいこと
カメラ

登山
ヘビ、魚、カメ、ハト
新林公園
景色
友達に会った(オフ会ともいう)
父のお宝
砂金
凝り性
丹沢
家族
面白動画
耳知識
太陽光発電
ぷーままブランドスモーク
家にあるもの
2008 家族
2008 山梨
2008 ワンコ
2008 料理・・・肉
2008 料理・・・野菜
2008 散歩
2008 生き物
2008 植物
2008 美味しいもの
日記
2009 散歩
2009 ワンコ
2009 美味しいもの
2009 山梨
2009 生き物
2009 料理・・・肉
2009 料理・・・野菜
2009 植物
2010 日記
2010 ワンコ
2010 生き物
2010 おいしい物
2010 料理
2010/11 山梨
2011 日記
2011 ワンコ
2011 料理
2011 生き物
2011 おいしい物
2012 日記
2012 うちのワンコ
2012/13 山梨
2012 おいしいもの
2012 生き物
2013 日記
2013 おいしいもの
2013 生き物
2013 うちのワンコ
2013 料理
父の図
2014 日記
2014 料理
2014 生き物
2014 うちのワンコ
2014 犬散歩
2014 美味しいもの
2014-5 山梨
病気
2015 日記
2015 うちのワンコ
2015 料理
2015 おいしいもの
2015 動物
2015 植物
2015 犬散歩
2015 山梨
2017 日記
2017 うちのワンたち
鉱物
2017 鉱物
2017 生き物
2017 美味しいもの
2017 山梨
2017 犬散歩
病気
2018 日記
2018 うちの犬たち
2018 鉱物
2018 朝散歩
2018 生物
2018 美味しいもの・料理
2018 山梨

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2005年 09月
2005年 08月

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
自然・生物

画像一覧

助かる命、助からない命

忘備録みたいなもんです。
興味ある人だけ読んでね。






同僚のBちゃんの家には猫がいる。
お外と家を出入りする猫ちゃんなので一箇所猫の出入り口がある。
そこから家に入ってきて、餌を食べるのら猫が現れた。
そのうち、子猫を連れてくるようになった。

ある日、家の前のバス道路で黒いほうの子猫が車に轢かれて死んでしまった。
可愛いからうちの子にしよう、といっていたのに・・と、娘さんと二人、ペッちゃんこになった子猫を庭に埋めたそうだ。
母さん猫は一匹残った子猫を連れて、来たり来なかったり。

そのうち、また2匹の子猫を連れて現れた。
子猫を捕まえよう、としたら逃げていってしまったのだけれど、子猫を一匹置いていってしまった。
その子猫、目がつぶれかかっていた。
獣医さんで治療したけれど、はっきりきれいには治らなかった。
光は見えているみたい・・・と言う程度。

でも、預けたお友達が良く面倒を見てくれて、飼ってくれる事になった。
お目目がつぶれかかっていてお顔がちょっと変になっていて、ねずみみたいなお顔の子だった。
ところが、ある日、その「ねずみ」ちゃんが忽然と姿を消した。
出て行く口もない。網戸になっていたところはあるけれど、開いてなどいなかった。
猫が出た後閉めたりしないものね。
心配でBちゃんと二人で引き出しの中まで探したそうだけれどどこにもいなかったそうだ。
誰か入ったんじゃないの?と言う話まで出たほど、忽然と・・・
母さんが連れて行ってしまった子猫は、その後見かけなくなった。
その子だって、目が完全ではなかったので、死んでしまったのだろう。
「ねずみ」ちゃんは目が見えないから母さんについていけなくて置いていかれたんだね。




最近、最初からいる兄ちゃんを連れた母さんが、今度は4匹の子猫を連れてやってきた。
良く見るとまた、みんな、目やにで目がつぶれそうになっている。

市役所にトラップがあるから、借りたら??とアドバイスした。

ところが・・・
市役所では、タヌキやハクビシンを捕まえるためにトラップを貸すが、猫用には貸していないので
愛護団体から借りるように、と、横浜の動物保護団体の連絡先を知らされたそうだ。

おい!藤沢市役所!
おかしくないか???これって。


昨日、千代田区では猫の殺処分がゼロだ、というニュースを見つけた。
c0162128_2342107.jpg


そのニュースに書いてあるけれど、

「『猫の殺処分』というと、飽きて飼育放棄したり生まれた子猫を捨てたりする人たちが原因だと考える人が多いのですが、実はその数は意外と少ない。大きな原因は飼い主のいない猫の増加で、これを止めるには不妊・去勢手術が不可欠です。そうでなければ、いくら里親探しをしてもそれ以上に子猫が増え続けてしまう。せっかく生まれてきた大切な命を路上死や殺処分で失わないためにも、多くの人に『地域猫』づくりへの関心を持っていただきたいと思います」

千代田区では、区民ボランティアによる「地域猫」づくりが、以下のような流れで進められている。

・まず、区の普及員(ボランティア)に登録する。

・飼い主のいない猫を見つけた場合、まず地域猫であるかどうか(耳に手術済みの印があるかどうか)をチェック。

・地域猫でなければ、保健所に連絡して捕獲機を借りる。捕獲機をしかけ、猫が入るのを待つ。

・捕獲機にかかった猫を動物病院に届け、そこで不妊・去勢手術を行う(費用は千代田区から助成金が出る)。

・手術済みの猫を迎えに行き、元の場所に戻す。

飼い主のいない猫が、どんどん子猫を生み、子猫は病気や事故でどんどん死んでいる、というのが現実

猫がお腹を空かせてかわいそう、と思うなら、その猫を捕まえて増えないように手術して、そして餌をやらなくてはいけない。
ただ餌をやるだけではどんどん子供が生まれてどんどん死ぬのです。






さて、Bちゃんからその話を聞いたので、COCOの保護団体、鎌倉のPAKさんに猫の捕獲器を貸してくれないかお電話した。
( 快く貸してくださっていつもありがとうございます。)

Bちゃん、唐揚げを餌に母猫の捕獲につとめ、「僕が食ってあげます。」という飼い猫を排除するのに苦労しながら、3日ほどで母さんを捕まえ、庭の植え込みの下に隠れていた4匹の子猫を蚊に食われながら全部保護。
「 今回も駄目かも・・って言いながら獣医さんが目を洗ったら可愛いお目目が出てきたのよ。 」
4匹ともお目目がつぶれずにすんだ!
今は、「ねずみ」ちゃんを保護してくれていたお友達が4匹ともお世話を焼いてくれている。


昨日は、その捕獲器を鎌倉に返しに行った。
その帰り、鎌倉からチラッと見えた富士山の写真を撮ろうと片瀬山の下の裏道を走っていたら車が詰まってしまった。
バイクだから一番先まで行ってみると、向こうからこっちに向かって道の真ん中に軽自動車が一台。
軽自動車の運転手らしい女性が男性に道の説明を受けている。
道が分からないなら車の停め方を考えてよね・・・などと思いながら、良く見ると、左の引き込み道路の入り口に猫が倒れている。
軽自動車の前30センチくらいのところの道の真ん中にも血のあと。
猫は頭から血を流し、片目は飛び出している。
女性が車からフロントウィンドウ用のサンバイザーを持ってきてそれに猫を乗せた。
その直前に、一回手足が引きつるように伸びて、体が大きく動いた。
たぶんそれが断末魔だったのだと思う。
「あのー、車を動かしたほうが・・」と声をかけたが、道を聞かれていた男性がウェットティッシュを持ってまた現れ、二人で猫をそっと車に乗せた。
その女性が轢いたのではないのだそうだった。 おそらくその前に私がすれ違った大型のセダンだね。
血には染まっていたけれどきれいな猫だった。
「 私も家に犬がいるんです。 こんなところに放っておけない。 」その女性は言った。
私が見たとき、男性に獣医の場所を教えてもらっていたらしい。 横浜ナンバーの車だった。

私はその後すれ違ってしまったのでその後は分からない。
たぶん彼女はそこでターンして、男性が教えてくれた獣医に猫を運び込んだのだと思う。
あんなにひどい出血だったから、車だって汚れただろう。







助かった4つの命と、助からなかっただろう1つの命。






片瀬山のいつもの場所に着いて、富士山のほうを見たら、小さな星が一つ輝いた。
さっきの猫が空に上ったかな・・と思った。

c0162128_2342402.jpg










[PR]
by obakappu | 2012-09-16 12:33 | 2012 日記 | Comments(2)
Commented by elvisjade at 2012-09-16 18:32
自分の気持ちの納めどころを難しく感じる事柄の一つですよね。
いつまでたっても、餌だけ与えてそれでいいと思っている方々にこの現実を知ってもらいたいです。
Commented by obakappu at 2012-09-17 08:40
家の近くにも一軒、知り合いの借家にも一軒あるのです。
借家の方には手段まで連絡しましたがなしのつぶて。 私が筍を掘りに行くとカーテン引いて隠れるのです。家の周りには病気の猫がいっぱい。 なんだかなあ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード