人気ブログランキング |


おバカなサルーキのプルートと、弱虫ドーベルマン・ノエルと、良い子のシェルティ・ココと、訪れた生き物達の写真日記です!


by obakappu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

おわった~
at 2019-12-13 07:01
おわった~
at 2019-12-13 07:01
おわった~
at 2019-12-13 07:01
寒いようで暖かいと思う
at 2019-12-12 23:49
息子に頼んだら
at 2019-12-11 23:56
くもり
at 2019-12-10 23:50
やっと
at 2019-12-09 23:45
良いところだなあ
at 2019-12-08 23:47
長い長いスパムメール
at 2019-12-07 16:00
ミョウガ美味し
at 2019-12-06 23:16

カテゴリ

全体
プロフィール
お知らせ
こんなもの見たよ
my favolite thing
バイク、車
江ノ島ワンコ
学校
鵠沼
ニャンコ
考えたこと、言いたいこと
カメラ

登山
ヘビ、魚、カメ、ハト
新林公園
景色
友達に会った(オフ会ともいう)
父のお宝
砂金
凝り性
丹沢
家族
面白動画
耳知識
太陽光発電
ぷーままブランドスモーク
家にあるもの
2008 家族
2008 山梨
2008 ワンコ
2008 料理・・・肉
2008 料理・・・野菜
2008 散歩
2008 生き物
2008 植物
2008 美味しいもの
日記
2009 散歩
2009 ワンコ
2009 美味しいもの
2009 山梨
2009 生き物
2009 料理・・・肉
2009 料理・・・野菜
2009 植物
2010 日記
2010 ワンコ
2010 生き物
2010 おいしい物
2010 料理
2010/11 山梨
2011 日記
2011 ワンコ
2011 料理
2011 生き物
2011 おいしい物
2012 日記
2012 うちのワンコ
2012/13 山梨
2012 おいしいもの
2012 生き物
2013 日記
2013 おいしいもの
2013 生き物
2013 うちのワンコ
2013 料理
父の図
2014 日記
2014 料理
2014 生き物
2014 うちのワンコ
2014 犬散歩
2014 美味しいもの
2014-5 山梨
病気
2015 日記
2015 うちのワンコ
2015 料理
2015 おいしいもの
2015 動物
2015 植物
2015 犬散歩
2015 山梨
2017 日記
2017 うちのワンたち
鉱物
2017 鉱物
2017 生き物
2017 美味しいもの
2017 山梨
2017 犬散歩
病気
2018 日記
2018 うちの犬たち
2018 鉱物
2018 朝散歩
2018 生物
2018 美味しいもの・料理
2018 山梨
2019日記
2019うちの動物たち
2019鉱物
2019美味しいもの
2019生物
色々な趣味
2019 天体観測
病気
2019 山梨

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2005年 09月
2005年 08月

メモ帳

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
自然・生物

画像一覧

覚書

母の具合の悪くなったのは11月19日(金曜日)の夜だった。

「 なんだか変な気分がする。 脂汗が出た。 」 と言うのだ。
寒いのかと聞くと、寒くはないとの答え。
熱を測ると37度7分ほどあった。
風邪を引いたのだろうと思い、手持ちの抗生物質を飲んでもらった。
体がえらい(だるい)といって、二階の寝室に上がらず一階で寝たのはこの日からだったか、翌日からだったか記憶は定かではない。
 
 

翌土曜日は暗いうちから出かける約束がしてあった。


 



 

翌土曜日は暗いうちから出かける約束がしてあった。
母は行かないと言っていたので、以前母の世話をしてくれた人に問い合わせたが
この日は仕事が入っているとのことで、娘に頼んで私は出かけてしまった。
昼間娘に電話すると、『 ご飯は食べた。気分はよくないといっている。 』 とのこと。
晩御飯を済ませたら薬を飲ませてくれるよう頼んだ。
 
私は捨て猫のナゲットを拾って帰宅。
 
 
 

翌日曜はかかりつけの医者は休み。
熱を測っても平熱だったので、薬を飲んで自宅で養生。
夕方、背中が痛いと訴える。
 


 
月曜はデイサービスは休んで、家で寝ていた。
かかりつけ医は要予約なので、午前中に予約を取り、夕方診察に。
熱はなし。のどもはれていない。血圧は低め。金曜からの様子を伝える。
本人はノドがちょっと変だと訴えた。
風邪を引いたのでしょう、と、漢方の風邪薬とのどの薬を処方される。
 

 
火曜日は祭日。
私は一日中仕事。
母は一日中ベッドに横になっていた。
食欲はあまり無い。
 
 
水曜日、朝、羽毛布団が足元にずれてしまっていて、毛布だけかぶってがたがた震えているのを発見。
体が冷え切ってしまっていた。
あわてて風呂を沸かして、温めた。
ひとりで家に置いておいたら何も食べそうに無かったので、デイサービスに行くよう説得。
デイサービス先にはすぐに出られなかったら家の中まで迎えに入ってくれるよう頼んで玄関を開けたまま仕事に。
ところが昼に電話すると、玄関に座って待っていたとのことで
「 体が冷え切ってしまっていて元気が無い。 血圧も異常に低い。
  迎えに来て欲しい。 」
仕事を早退して迎えに行った。
 
ベッドで横になっていた母は、意外に元気で血色もよく、思い切り汗をかいていた。
車に乗ってすぐに、急にひきつけたように 「 落ちる、落ちる! 」 と叫んだ。
右に傾いているのに、「 引っ張って! 」と、さらに右に引っ張る。
平衡感覚が狂っているらしかったが、抱きかかえるとすぐにおさまった。
 
そのまま医者に向かい、月曜からの様子を伝える。
熱はなし。血圧は低い。
「 何とも無い。 なんだろうなあ。 風邪の治りかけでしょう。 」 と、
頭痛を訴える母に鎮痛剤の処方だけされた。

体がつらいと言う母を乗せて薬をもらうのも何なのでそのまま帰宅。
ご飯は少ししか食べなかった。
好物のイチゴミルクは食べる。
 
 
 
 
 
木曜は水曜午後から本当につらそうだったので自宅において、お隣の奥さんにときどき除いてくださるように頼んで仕事に。
出かけてから息子が休みだとわかり、息子に見てもらっていたが、
午後のどの渇きを訴えて台所に行ってひっくり返ったそうだ。
午後3時前に帰宅して、イチゴミルクを食べさせた。
しばらく観察していると、どうも息が苦しそうにみえる。
熱を測るとまた、37度7分。
肺炎を起こしているか・・・と考えた。
かかりつけ医は木曜なので休診。 消防に電話して、木曜やっている医者を問い合わせ。
近くの、すぐ検査する総合病院が開いているとわかった。
だるそうだがその病院へ行く。車椅子を借りて待合室で待つ。
やっと診察になったのが17時ごろ。 すぐにレントゲンを撮り、肺炎を起こしているが、心臓が肥大していて胸に水が溜まっていると言われる。
さらに胸部腹部のCTを撮る。
心臓の血液の流れが私が見てもおかしいように思えた。
 
肺炎ですからすぐ入院、といわれて病室へ。
母を寝かせる。 酸素マスクを装着。
心電図をとりにくるがとても苦しそうにしていてなかなか測れない。
パジャマなどをとりに帰るように言われて帰宅。午後6時。
 
ナゲットを獣医に連れて行く予定だったので、息子に荷物を頼んで「一時間後に病院に行く」と伝えてもらうよう頼んだ。
でも、家をでようとしたら携帯の着信。
すぐに病院に来るようにとのこと。
病院に着くと、『 心筋梗塞を起こしているのですぐに転院が必要。 』とのこと。
救急車を手配して、市民病院の救急外来に話をつける。
救急車が来るのに時間がかかる。
母はトイレに行きたいと言うが、点滴をしているので無理。
救急車がやっと来たのが30分後くらいだったろうか。とても苦しそう。
救急車に運ばれる。
私は帰りのことがあるので車で行かせてもらう。
 
救急車はなかなか来ない。

市民病院の手前でやっと追い越していった。
 
 
病院について救急外来の入り口に駆けつける。
母は処置室に入っている。
 
救急隊員から説明を受ける。
病院に着いたときには心停止、呼吸停止状態。
これからカテーテル手術をするがかなり厳しい状態。
 
 
夜9時。
カテーテル手術が終わる。
意識が戻った。
脳の損傷はなかった。 しかし、心臓の下半分にまったく血が行かず心臓の中隔が欠損している。このままでは心臓は一週間持たない。手術が必要。左右の心室の間の壁にパッチを当てる手術。
お願いするしかない。
 
心臓外科の手術室に移って夜中の12時に手術が始まった。
 
手術は朝の8時までかかった。
パッチは当たったが、心臓の下半分の損傷が激しく出血が止まらない。
 
9時過ぎ、母は心臓手術のために顔が浮腫んでまん丸の顔になっていた。
機械につながれた状態(人工心肺装置)。
ペースメーカーをとめると、心臓は上半分が弱くしか動かない。
輸血をしているので血圧もあるが、輸血をとめたら心臓もおそらくすぐ止まる状態。
 
今の一本で輸血は終わらせてもらうようお願いする。


父のときに、管でつながれていることを激しく嫌った母だから。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
午前10時20分、最後の輸血が終了した。
ペースメーカーも停める。 

それから20分、
母の心臓は小さく小さく動き続けて、ついに止まった。
 

前日の18時過ぎには会話も出来た。
21時には意識があった。
でも逝ってしまった。
 
 
 
信じられなかったよ。
嘘だと思った。
夢の中にいるみたいだった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ありがとうね。ばあば。
私の母でいてくれてありがとう。いつも一緒にいてくれてありがとう。

大好きだったよ。
本当に大好きだったよ。
頼りにしていた。
ありがとう。
もっともっと一緒にいたかった。でも、苦しむのはいやだね。
さばさばしていて、良いところだけ見ている本当に良いお母さんだったよ。
ありがとう。
ありがとう。
 
 
 

 
 
 
 
 
 



 
 
 
 
 
 
 
 
 
by obakappu | 2010-12-09 07:56 | 2010 日記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード