おバカなサルーキのプルートと、弱虫ドーベルマン・ノエルと、良い子のシェルティ・ココと、訪れた生き物達の写真日記です!


by obakappu

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

豚すね肉
at 2017-03-26 08:36
お野菜安くなってきた
at 2017-03-26 08:28
雲のおはなし
at 2017-03-25 23:07
マガキガイ
at 2017-03-24 22:01
狂犬病予防接種に行ってきた
at 2017-03-23 21:46
トロフィー授与!
at 2017-03-22 23:53
2晩続けて女子会
at 2017-03-21 20:37
見つけた~
at 2017-03-20 23:22
ペンキ塗った~
at 2017-03-19 19:39
山梨でペンキ塗りしています
at 2017-03-18 23:42

カテゴリ

全体
プロフィール
お知らせ
こんなもの見たよ
my favolite thing
バイク、車
江ノ島ワンコ
学校
鵠沼
ニャンコ
考えたこと、言いたいこと
カメラ

登山
ヘビ、魚、カメ、ハト
新林公園
景色
友達に会った(オフ会ともいう)
父のお宝
砂きん
凝り性
丹沢
家族
面白動画
耳知識
太陽光発電
ぷーままブランドスモーク
家にあるもの
2008 家族
2008 山梨
2008 ワンコ
2008 料理・・・肉
2008 料理・・・野菜
2008 散歩
2008 生き物
2008 植物
2008 美味しいもの
日記
2009 散歩
2009 ワンコ
2009 美味しいもの
2009 山梨
2009 生き物
2009 料理・・・肉
2009 料理・・・野菜
2009 植物
2010 日記
2010 ワンコ
2010 生き物
2010 おいしい物
2010 料理
2010/11 山梨
2011 日記
2011 ワンコ
2011 料理
2011 生き物
2011 おいしい物
2012 日記
2012 うちのワンコ
2012/13 山梨
2012 おいしいもの
2012 生き物
2013 日記
2013 おいしいもの
2013 生き物
2013 うちのワンコ
2013 料理
父の図
2014 日記
2014 料理
2014 生き物
2014 うちのワンコ
2014 犬散歩
2014 美味しいもの
2014-5 山梨
病気
2015 日記
2015 うちのワンコ
2015 料理
2015 おいしいもの
2015 動物
2015 植物
2015 犬散歩
2015 山梨
2017 日記
2017 うちのワンたち
鉱物
2017 鉱物
2017 生き物
2017 美味しいもの
2017 山梨
2017 犬散歩
病気

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2005年 09月
2005年 08月

お気に入りブログ

南仏しゃしんかん
はな花季行/おっ!オッ?
アルピーヌ ALPINE...
実録!迷走日記   シ...
ドーベルマンのバロンとの...
猫と昼寝
little snow
しばらくお休みします
Field Diary
黒の翡翠さま金の恵比寿さま
フロクのブログ<おいぬさ...
SALTY SPEEDY
ユーラシア大陸果ての定置網
上素矢 輝十郎 全速全開...
怪鳥BLUE-BULLが行く!
La Rose Bleue
おしゃべりきものⅡ-また...
湘南手織り手作り物語

外部リンク

メモ帳

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
自然・生物

画像一覧

<   2010年 08月 ( 48 )   > この月の画像一覧

新鮮な大羽イワシをさばく

1008IMGP2756.JPG

うろこだらけの朝獲れのイワシを買ってきた。
 
1008IMGP2754.JPG

このうろこを取るのが、けっこう大変なんだ。
力を入れすぎると魚体が傷む。
この暑さだから氷水につけて作業する。 
 
 
 
 
 
今年のイワシはこんなに大きい。
 
1008IMGP2762.JPG

 
 
 
これを、まず頭を落として、
 
1008IMGP2763.JPG

 
 

 
腹に縦に庖丁を入れてから、人差し指を首側の背骨の下に差し入れて内臓を一まとめにそっくり出す。 
 
1008IMGP2764.JPG
 
  
 
流水で手早く腹の中をきれいに洗い流す。 
 
1008IMGP2765.JPG

この写真では、まだちょっと赤いけれど、真っ白になるよう背骨の内側をこすって洗う。
 
 
 
 
 
背側から庖丁を入れて2枚に下ろす。

1008IMGP2746.JPG

1008IMGP2758.JPG

 
 
 
腹骨を切りとる。
 
1008IMGP2759.JPG

1008IMGP2760.JPG
 
 

 
反対側も骨から下ろして、腹骨を始末。
 
1008IMGP2761.JPG

今回は、酢漬けと蒲焼、なめろうにした。
なめろうはアジのほうがおいしいという結論に。
 
 
 
 
 

 

 
 
大量の骨身はフライパンで焼いて庭ネコに。
 
1008IMGP2757.JPG

 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
・・・で、今日の晩御飯には息子がいた。
イワシも鶏モモのコーン煮もそうめんもあり。
オイスターソースで味付けした野菜炒めはおいしいけど見た目がきたない。
(ショウガとごま油を効かせるとこれがおいしいのだ)
 
1008IMGP2767.JPG

なんていうか、「日本の食卓」だなあ。
(冷蔵庫から出したままの入れ物もあり。家族だけだとこういうことが多い。)
 
 
 
 

 
 
[PR]
by obakappu | 2010-08-30 01:08 | 2010 料理 | Comments(0)

サンダル@summer bargen

1008_DSC5698.JPG

塩大臣と銀行の待ち時間にデパートにサンダルを見に行った。

この間、ちょっと可愛いのがあったから。
 
 
 
 
そうしたら、セールで40%offになっていた!!
 
ラッキー!
 
 
1008_DSC5699.JPG
こっちが塩大臣。
ゴムが柔らかくて、すごく履き心地がいい。
 
 
 
1008_DSC5700.JPG
これがぷーまま。
「 こんな可愛いの履くの??」
塩大臣につぶやかれた。

ふんっ!
私の勝手でしょ。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
[PR]
by obakappu | 2010-08-29 23:51 | 2010 日記 | Comments(0)

ぷーの血腫

1008IMGP2728.JPG
 
せっかく小さくなっていたのに、自分で包帯をかじってしまって
圧力がかからなくなった途端に、またぷーって膨らんでしまった。
 
脱脂綿の塊を作って、もう一度テープで押さえた。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by obakappu | 2010-08-29 21:29 | 2010 ワンコ | Comments(0)

一昨日の夕焼け

1008DSC_5685.JPG

一昨日出かけたときに、玄関から空が赤くなっているのが見えた。
 
夕焼けだー。
 
 
 
 
ってことは、富士山も見えてるんじゃない??
 
 
 
 
 
 
 
 
 
車をいつもの場所にまわした。
 

 

 
ちょっと暗すぎるくらいだったけれど、富士山、きれいでした。
  
1008_DSC5691.JPG

 
 
 
 
 
 
暑いんだけれど、こんな富士山みると暑さを忘れるね。
 
1008_DSC5693.JPG

 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by obakappu | 2010-08-29 21:29 | 2010 日記 | Comments(0)

古い写真から・・・北横岳  3

足元に広がる雪の斜面以外に目に入るのは、
モノトーンの氷をまとった木々と、雪面とのさかいめのわからない空ばかり。
しかも、そんなに遠くない樹木の向こう側が、白と灰色スプレーで消されている。

 


通称「えびのしっぽ」。吹き付ける風に霧が凍って枝に張り付くのだ。
風上に向かって、エビの尻尾型に氷が生える。
木々は、このしっぽで覆われてモノトーンに変わる。

エビの尻尾ができているということは、気温が低く、風が強かったということだ。

 

この時点で、内心かなりあせっていた。
こんな斜面で、しかも、さらさら流れる雪の中ではツエルトだってうまく張れないじゃないの。

 

完璧にルートを外れている確信はあった。

 

 



 

 

ただ、後でわかったことだが、この斜面は、あせっていても登れたのだ。

 



 

登山ルートの両側には、とんでもない急斜面や岸壁や、ましてや滝など一つもなかった。

 

 

 

枝を掴み、岩(?)を掴み、足以上に腕を使って40分くらい登っただろうか。

とつぜんここにポンと出た。

 



 

 

道標が見えたときのうれしかったこと。

驚いたことに、目指していた尾根道の到着点にピッタリ出たのだった。

もう、あとは楽チン楽チンの尾根道。

 



北八ヶ岳らしい雪の小道が続いた。

 

 



そして、約10分。

 

あったー。

 



 

 

北横ヒュッテに辿り着いた。

 

 

実は、この写真は、今回ピラタスロープウェイに乗る前に撮った2枚の写真の次の3枚目の写真。
途中、写真を撮る余裕など全くなかった。
ここに掲載した風景の写真は翌日、帰る時に思い出して撮ったものだ。

良くぞ生きて辿り着いたものだ、と、帰宅してから猛反省した。

帰りに良く見たら、この尾根、積雪期はどこから登ってもたぶん問題なく尾根筋まで登れるような、そんな斜面の尾根だった。
このあと、はなママちゃんたちとも登ったが、みんな勝手に好きなルートで登ってちゃんと登れた。
下山も各自勝手に降りた。
無謀な山登りだったが、北横岳がそういう山で助かった。

 

 

 

 



「 お~~い! 」

 

 



「 あ、来た来たー。 おつかれー。 」

 

 


当時の北横ヒュッテは冬季開放のいい小屋だった。
気に入って、次の年のお正月は北横ヒュッテで迎えたのだった。

 

 

おしまい。

(あ、ぷーまま、そんなに危険なことばかりしたわけじゃないからねー。)

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by obakappu | 2010-08-27 21:25 | 登山 | Comments(0)

古い写真から・・・北横岳  2

体は腰より少し上まで雪に沈んでいる。
抜け出ようにも足が地に着かない。
周りはふかふか。

考えてみたら、背負ったリュックが雪面に乗っかっていたから止まったので、
荷物がなかったら頭までもぐったかもしれない。

雪崩のときもそうだというけれど、どうにか体を横にして、まさに泳ぐようにしてその雪の落とし穴をやっと脱出した。



それでも、まだ、危険だという気持ちは持っていなかった。
危険を認識するだけの知識を持っていなかったということなのかもしれない。



「一人だと、何をするのも大変だなあ。」と思いながら、見え隠れする赤や緑の目印を追って北横岳への尾根に続く斜面の基部に辿り着いた。





斜面は森になっていて、登り口を捜す斜面の基部は雪も深い。

深雪のなかをうろうろしたが、おそらくつづれ折に登るであろう登り口がわからない。

最初から、好天ではなかった空がだんだん低くなり、あたりは霧に包まれだした。
行きつ戻りつしても登り口がわからない。
目印のテープも一つも見えない。

初めて、これはいけない、とあせり始めた。







こんなになってからあせるのだから初心者というのはすごい。
いざというときは、戻ればいいや、と思っていた。
それまで、まだ、自分のトレースをたどればすぐに戻れると思っていたのだった。

その自信が崩れだしたのは、霧が濃くなってきたからだった。

振り返っても、自分がつけたはずのトレースがうすくなっている・・・




もうよそうか、と思ったそのとき、前方からスキー板をつけた数人のグループが向かってきた。
やったー!これで道がわかる。
彼らのふみ後をいけばいいんだ。
樹林帯の中ならトレースははっきりついているはずだ。

「こんにちわー。北横岳からですか??」
「こんにちわー。そうですよ。」
「雪、すごいですか??」
「そうでもないですよ。」
不安はいっぺんに吹き飛んだ。
彼らのトレースをたどると、登り口にすぐ辿り着いた。
上を見ると、赤いリボンがぶら下がっているのが見える。
「よし、あと1時間だ。」





体力はあったぷーまま、勢い込んで登り始めたのだった。

ところが・・・














ときどき、ホワイトアウトしてしまいそうな濃い霧が流れる。



すれ違ったグループは山スキーを履いていたので、トレースがあさく、彼らの痕はすぐに斜面を滑り落ちる雪に埋もれてしまった。
さあ、もうルートはわからない。





これではないかと思うルートを闇雲に登った。





振り返ると自分の歩いてきた痕だけが道になって見える。



また、つづく。 (えへへ)
[PR]
by obakappu | 2010-08-27 08:11 | 登山 | Comments(0)

古い写真から・・・北横岳  1



 

 

こんなに暑いと、こんな写真が見たくなる。

古ーい、冬山の写真。

 

 



 

 

八ヶ岳の一番北。
白樺湖を通り過ぎると、ピラタスロープウェイというのがある。
標高1771mの山麓駅から、2237mの山頂駅まで標高差466m・総延長2215mをたったの7分でつないでいる。
山頂駅は「坪庭」の入り口。

 

坪庭は溶岩がゴロゴロした亜高山帯の道で、冬はルートが雪の下に隠れているから気をつけなくてはいけない。

 

なぜ私だけ後から行ったのかもう覚えていない。
先に行っている3人を追いかけて朝新宿を出た。
もしかすると3人は八ヶ岳を縦走して最後に北横岳に着いたのかもしれない。
地図と山の本を見ると、山頂駅から待ち合わせの北横岳ヒュッテまではコースタイム1時間。
ゆっくり歩いても2時間あればつくだろう、と考えていた。
だからだろう。坪庭を歩き始めたのは昼過ぎだった。
山では夏でも午後2時には山小屋に着け、というのに、確か出発したのが1時ごろだったと思う。冬だというのに。

 

当然、冬山なのだから、装備はちゃんとしている。
ザックにはシュラフも食料もツウェルト(簡易テント)も調理用品も持っている。
もし、急に悪天になったり、迷ったりしてもそこでツウェルトを張って待てるだけのもの。

 

装備は持っていたにしても、山を舐めていたとしか言い様がない。
いくらコースタイムが短く、山小屋に仲間がいるはず、とはいえ、冬山の単独行。
初めてのコース。
出発が午後。

とにかく、無謀なことに、午後、私は一人で、初めてのピラタス利用北横岳に行ったのだった。

そのとき、ロープウェイを降りた登山者は私一人。ほかはスキーヤーばかり。
ロープウェイの下はスキーのいい山岳コースだった。(下のほうはゲレンデ)
スキーヤーと一緒にのるロープウェイは居心地が悪かった。
一般観光客と一緒のバスなんかも余り居心地がよくない。
登山者は汚かったり臭かったりするやつが多かったからなぁ。
なんだかスキーヤーのほうがものすごく洗練されて見えるんだよね。
ぷーままは、山から帰るとテントまで水洗いして干していたくらい、臭いのが嫌いだったから
余計気になったのかもしれないけれど。

 

 

 

山頂駅を出るとそこは冬山の真っ只中。
家で調べてきた地図を思い浮かべて歩き始めた。

今考えると、実は内心緊張していたのだと思う。
ロープウェイに乗ってからの写真がないのだ。

 

しばらく平地を歩いて少し登り、また平らなところを進む。
いわゆる坪庭といわれるところには柵やロープが設けてあったりして迷いそうもなかった。
しばらく歩くと、左に赤いリボンが点々と結んであるのが目に入った。
冬山のために秋のうちにルートに赤いリボンを枝に結びつけたものだ。

ふみ跡もあったのでそこから坪庭のルートをはずれ、山(樹林帯)に向かって歩き始めた。
ほんの10mくらい歩いたところで、ずぶっと雪にもぐった。
もぐったつま先がまだ宙に浮いている。
本で読んだ、雪に隠れている溶岩のすき間にはまったのだ。

 

 

続く。(またまたぁ・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 
[PR]
by obakappu | 2010-08-26 02:23 | 登山 | Comments(0)

あついにゃー

1008DSC_5642.JPG
 
南国の象徴のようなプルメリアが次々咲いてしまうこの気候。
 
いいかげんにしてくれよー、の連日33℃越え。
 
 
 
 
 
 
やっと日が傾いて、庭に少し日陰が出来ると・・・
 
 

 
 
 
1008DSC_5632.JPG
「やれやれ・・・」                       『ここ以外にはいられないわよー』
 
 
 

少し陰が広がると・・・
 
 
 
1008_DSC5635.JPG

(キュウリの支柱とネットが邪魔しているので、ひどい写真・・我慢して見てね。)
 
1008_DSC5637.JPG
「なんか言ったかにゃ??」
 
カメラを向けると、すぐ気配で起きちゃう。もっと良く写せる場所に行くと逃げちゃう・・・
 
 
 
 
 
 
 
昨日は夕方風が出て少し涼しくなった(30℃を下回った)。
 
ふと庭を見たらニョキっと黒い物が2本。
 
1008DSC_5646.JPG

 
 

 
1008DSC_5650.JPG
                                  『まったく、あの子ったら・・・』
 
クック、へそ天で爆睡中です。
 
 
 

 
2階のベランダから覗いて見ました。
1008DSC_5651.JPG
「カシャッ」
 
1008DSC_5652.JPG
「ん???」
 
 
1008DSC_5654.JPG
「また、うるさいことしてるにゃ・・・・」
 
 
1008DSC_5670.JPG
「にゃ・・・・・・・」 
 
 
1008DSC_5675.JPG
「ZZZ・・・ 」 
 
 
 
1008DSC_5664.JPG
「あたしがちゃんと見てます。」
 
1008DSC_5666.JPG
といっていたふー母さんだったけど、
 
 
 
 
そのふー母さんも今朝は・・・ 

1008_DSC5682.JPG

何回も声をかけたら、やっと起きた。
 
1008_DSC5683.JPG

 
 
 
この暑さ、何とかならないんだろうかね。
(ならないだろうけど、言いたくなる。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by obakappu | 2010-08-25 22:57 | ニャンコ | Comments(0)

キャンプ場の焼き立てパン

1008IMGP2702.JPG
 
息子のいるキャンプ場では、焼き立てパンを提供している。
 
一昨日息子が土産に持ってきてくれた。

おいしいですよー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by obakappu | 2010-08-25 09:04 | 丹沢 | Comments(0)

女ばかりだと手抜きにならない??

昨日は息子がいたので、晩のおかずはガッツリ。
 
 
1008IMGP2704.JPG
この前作っておいたカマスのフライ。
 

 
 
1008IMGP2707.JPG
ピーマン、牛肉、オイスターソースをきかせたチンジャオロース。
 
 
 

1008IMGP2711.JPG
昨日煮てキンキンに冷やしておいたナス。
 
 
 

 
 
 
ばあばと塩大臣と3人で食べるときはどうしても手抜きになりがち。

女ばかりの食事って、なぜか手抜きにならない?? 
(量を食べない、ってこともあるんだけど、それだけじゃないよなあ。)
 
 
 
 
 
 

 

 
[PR]
by obakappu | 2010-08-24 08:11 | 2010 日記 | Comments(0)