おバカなサルーキのプルートと、弱虫ドーベルマン・ノエルと、良い子のシェルティ・ココと、訪れた生き物達の写真日記です!


by obakappu

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

マガキガイ
at 2017-03-24 22:01
狂犬病予防接種に行ってきた
at 2017-03-23 21:46
トロフィー授与!
at 2017-03-22 23:53
2晩続けて女子会
at 2017-03-21 20:37
見つけた~
at 2017-03-20 23:22
ペンキ塗った~
at 2017-03-19 19:39
山梨でペンキ塗りしています
at 2017-03-18 23:42
卒業式だったので
at 2017-03-17 21:30
コーヒー屋さんの看板犬と・・・
at 2017-03-16 16:14
一年最後の給食
at 2017-03-15 23:42

カテゴリ

全体
プロフィール
お知らせ
こんなもの見たよ
my favolite thing
バイク、車
江ノ島ワンコ
学校
鵠沼
ニャンコ
考えたこと、言いたいこと
カメラ

登山
ヘビ、魚、カメ、ハト
新林公園
景色
友達に会った(オフ会ともいう)
父のお宝
砂きん
凝り性
丹沢
家族
面白動画
耳知識
太陽光発電
ぷーままブランドスモーク
家にあるもの
2008 家族
2008 山梨
2008 ワンコ
2008 料理・・・肉
2008 料理・・・野菜
2008 散歩
2008 生き物
2008 植物
2008 美味しいもの
日記
2009 散歩
2009 ワンコ
2009 美味しいもの
2009 山梨
2009 生き物
2009 料理・・・肉
2009 料理・・・野菜
2009 植物
2010 日記
2010 ワンコ
2010 生き物
2010 おいしい物
2010 料理
2010/11 山梨
2011 日記
2011 ワンコ
2011 料理
2011 生き物
2011 おいしい物
2012 日記
2012 うちのワンコ
2012/13 山梨
2012 おいしいもの
2012 生き物
2013 日記
2013 おいしいもの
2013 生き物
2013 うちのワンコ
2013 料理
父の図
2014 日記
2014 料理
2014 生き物
2014 うちのワンコ
2014 犬散歩
2014 美味しいもの
2014-5 山梨
病気
2015 日記
2015 うちのワンコ
2015 料理
2015 おいしいもの
2015 動物
2015 植物
2015 犬散歩
2015 山梨
2017 日記
2017 うちのワンたち
鉱物
2017 鉱物
2017 生き物
2017 美味しいもの
2017 山梨
2017 犬散歩
病気

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2005年 09月
2005年 08月

お気に入りブログ

南仏しゃしんかん
はな花季行/おっ!オッ?
アルピーヌ ALPINE...
実録!迷走日記   シ...
ドーベルマンのバロンとの...
猫と昼寝
little snow
しばらくお休みします
Field Diary
黒の翡翠さま金の恵比寿さま
フロクのブログ<おいぬさ...
SALTY SPEEDY
ユーラシア大陸果ての定置網
上素矢 輝十郎 全速全開...
怪鳥BLUE-BULLが行く!
La Rose Bleue
おしゃべりきものⅡ-また...
湘南手織り手作り物語

外部リンク

メモ帳

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
自然・生物

画像一覧

カテゴリ:2008 料理・・・肉( 15 )

サーモン発送いたしました。

今回のサーモンはとても大きかったのです。
つるしている間に、身割れしたもの多数。
大変申し訳ございませんが、身われ、打ち身、刺し傷(捕獲のときのものか??)の物については値引きしてお送りしております。
御承知置きください。
 
 
 
 
 
[PR]
by obakappu | 2009-12-15 01:16 | 2008 料理・・・肉 | Comments(0)

便利で健康

0906IMGP2405.JPG
 
小学校の家庭科の先生が療養中なので、請われてやってきた再任用の男の先生が、
子供たちの作りたい物をリクエストどおりにやらせてやったらしい。
材料は全部先生が用意した。

作った子供たちも、呼ばれて食べに行った担任もびっくりしたのがこれ。
 
『 いやー、小学校に長くいるけど、初めて食べたわ、 豚カツ。 』
 
 
 
まさか、危険な高温の油、使わせられません。
 
どうしたんでしょう。 

 
 
 
 
 

 
正解はこちら。 
 
DSC_3100.JPG

ヒガシマルの、「 揚げずに豚カツ調味料 」。
イトーヨー〇ドーで売っています。(他では今のところ見かけていません。) 
 
 
0906IMGP2403.JPG

筋切りをした豚ロース肉をビニール袋に入れて、調味料を袋の中で混ぜます。
中身は、パン粉と味付け調味料。
5から10分置いたら、全部のパン粉をよーく肉に押し付けて、フライパンに大匙2杯のサラダ油で弱火で焼きます。必ず蓋をしますよ。
 
 

0906IMGP2404.JPG

程よい味付けです。
何より、油が少ししか使われていません。
それに、お肉がとても柔らかく仕上がります。
 
1箱138円、肉1枚用3袋入り・・・豚カツ1枚に46円の衣を高いと思うか安いと思うか。
 
私は高いと思うけど・・・なかなかヘルシー。
 
自分で調合してもいいかも。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
[PR]
by obakappu | 2009-06-13 01:41 | 2008 料理・・・肉 | Comments(0)

ジンタ 南蛮漬け

0906IMGP2372.JPG
 
スーパーでジンタが安かったので、今日は南蛮漬け。
 
ジンタのいいところは、内臓を出さなくてもいいし、ぜいごを取る必要もないところ。 

アレは面倒くさいからねぇ。
 
 
 
 
0906IMGP2373.JPG

サッと洗って、水を切ったジンタに片栗粉をまぶします。
 
今日は、片栗粉、ドバっと入れすぎ。

0906IMGP2374.JPG

粉は、うすーくついているのがおいしいです。


今日は、用事が立て込んで、30分でこれと、キャベツの煮物と、買って来たほうれん草を茹でて冷蔵する下ごしらえをしなくてはいけなかったので、あせって入れすぎました。


さて、これを油でよーく揚げます。

揚げている間に、たまねぎスライスに酢、水、砂糖少々、醤油少しの漬け汁を作っておきます。
 
良く揚がったジンタを、『 ジュッ! 』って音をさせながら、漬け汁に漬け込みます。
 
0906IMGP2375.JPG



小さいから、すぐ食べるのが本当はおいしいです。
 
うちはそういうわけには行かないから・・・
 
 
0906IMGP2376.JPG

2時間たったので、付けすぎた片栗粉がふやけてついています。
それはそれで、私は好きですが、男の子は酸っぱすぎて嫌がることがありますね。
 
ジンタの南蛮漬けと、キャベツの煮物、きゅうりもみ、牛焼肉。
うまうま、ご馳走様。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by obakappu | 2009-06-10 00:14 | 2008 料理・・・肉 | Comments(0)

ベーコン

0906DSC_2858.JPG
 
土曜日にやっと雨がやんだので午後肉を干しました。
 
0906DSC_2859.JPG

0906DSC_2860.JPG

 
 
 
 
 
 
 
 
0906DSC_2963.JPG
 
煙を2回かけ終わったところ。 
肉の前後を返しました。
ついでにスモーカーの中の位置も、下のは熱くなって、色づきもいいので上と下を入れ替えます。

 
 
あら、今日は満月だわね。
0906DSC_2992.JPG

 
 
 
 
 
翌朝、3回の煙がかかって、ちょっといい色になりすぎたお肉たちです。
0906DSC_2998.JPG

この間のは、ちょっとお使い物に使ったりしていたら、なくなってしまったの。
 
 

 
0906DSC_3000.JPG

今日、たっぷりのベーコンと、たまねぎ、にんじん、粒胡椒の入ったスープを作って、そこで6つ割りのキャベツを煮ました。
柔らかくて、おいしかったー。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
[PR]
by obakappu | 2009-06-09 00:22 | 2008 料理・・・肉 | Comments(0)

釣りたてキスの一夜干し

漁師君の家から、またいいものもらいました。
 


0906IMGP2344.JPG
 
大きなキスを10匹。
 
 
 
晩御飯は決まっていたので、一夜干しにすることに。
この間のカマスの開き、ものすごくおいしかったから・・・
 
 
 
 
かますと違って、キスは立派なうろこ持ちなので、うろこをとります。
 
0906IMGP2345.JPG

 
 
良く洗って、背中から庖丁を入れます。
 
0906IMGP2346.JPG
 
 
 
魚を縦にして頭も真っ二つに切ります。
 
0906IMGP2347.JPG
 
0906IMGP2348.JPG
 



お魚を開いて、 内臓をきれいに取り去って、良く洗います。
お腹の内側の膜もきれいに取り去りますよ。 
  
0906IMGP2349.JPG
 
 
 
 
 
 
それを、今回は塩水に15分つけました。

塩漬け後、良く水洗いして、ペーパータオルで水分を拭き取り、プラスチックの枠に乗せます。


このプラスチック枠は干物に使ってあったりした物です。
このまま、お皿に載せて、冷蔵庫へ。
 
一夜干しだけれど、冷蔵庫で干すのです。
すぐ乾きますよ。
 
 
0906IMGP2350.JPG

ふふふ・・・身が透明でおいしそう・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by obakappu | 2009-06-07 23:37 | 2008 料理・・・肉 | Comments(2)

今日はお魚

前期中間試験中の塩大臣に、「暗記用の赤い下敷き買ってきて。」と頼まれたぷーまま。
 
ケチだから、最初はダイ〇ーへ。
 
でも、ありませんでした。
 
 
 
 
 
さて、どこへ行けばいいんだ??
 
バイクを停められない所はいやだし・・・
 
 
 
そこで思い出したのが、竜口寺の近くの書店。
駐車場もあるし、店の前にもとめられます。 
 
0905DSC_2693.JPG
 
江ノ電が路面を走るところにあります。
 
ここは、バイクにはとても危険な道。
 

線路の上はとてもスリップしやすく、危ないのです。
めったにここを通らないぷーままでさえ、目の前で転ぶ人を3回くらい見たことがあります。
 
 
 
バイクを止めながら、気になったのが向かいの魚屋さん、「 魚宇 」 の、
『 生シラスあります 』 ののぼり。
 
0905DSC_2694.JPG


い・・いかん。
今日はサーモンを用意してあるのに・・・
おいしそうな店には、吸引力がある・・・・・・
 
 
 
 


買ってしまいました。 
 
0905IMGP2241.JPG
「 ピカッ 」 
0905IMGP2242.JPG
「 ビカビカッ 」

って光っていたんですもの、朝どりのカマス。
 
0905IMGP2237.JPG
5本で700円。
ここのお店は、ちょっと高めですが、まあ、絶対新鮮ということで・・・
 
0905IMGP2244.JPG
背中から庖丁入れますよ。
 

0905IMGP2245.JPG
お腹側を残してなるべく端まで切ります。
 
0905IMGP2246.JPG
頭側もはしまで。
 
アジの開きみたいに、このまま頭も バン って切って
開いてもいいです。
 
 
0905IMGP2247.JPG

今回は、片側を切り離して骨のある側だけに頭をつけます。

0905IMGP2248.JPG

 
0905IMGP2249.JPG

0905IMGP2252.JPG

0905IMGP2253.JPG

新鮮な魚はワタ捕りもらくちん、らくちん。 
 
 
 


塩漬けの方法はいろいろあるようですが、ぷーままはたっぷり塩を振って15分。 
0905IMGP2257.JPG
 
さっと流水で洗ってから、ペーパータオルで水分を吸い取って、魚干し網に並べます。
 
0905IMGP2265.JPG

0905IMGP2267.JPG

さりげなく写っているのは、昼間は庭犬のぷーさまですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、干物は作ったから、
 
次は、今晩の用意。
 

 
 
0905IMGP2261.JPG

え?
サーモンは明日使います。はい。
 
 
0905IMGP2268.JPG

丸々太った大きないわし、開いて、さて・・・・
 
 
 
 
頭を落として、フライパンで焼き色が付くまで良く焼きます。
 
魚をお皿に出して、そのフライパンに塩、こしょう、酢大匙3、白ワイン半カップ、溶きがらし大匙2を煮立てます。
0905IMGP2270.JPG


そこに魚を戻して、ソースが半分以下になったら出来上がり。
 
0905IMGP2271.JPG
  

 

お皿に盛ってもなかなか見栄えがねえ。
0905IMGP2272.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は、これに、ナスとトマトのプロヴァンス風。
 
0905IMGP2274.JPG

あ、これは焼いている途中ね。
焼いた後は、写真忘れました。
 

 
 
おいしゅうございました。 
 
 
今日はお魚デー。
明日もサーモンだし、あさっては、カマスの干物。
 
オー、健康的だ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by obakappu | 2009-05-27 01:27 | 2008 料理・・・肉 | Comments(2)

海の幸  ホウボウのフライ

0902DSC_8619.JPG
 
最近、ここいらでは、ホウボウが 獲れているのだそうだ。
 
魚屋に行ったら、カマスより安くて大きくて、しかも開いてあったので購入。
 
 
これに塩胡椒をして、粉をはたいて溶き卵をつけ、
0902DSC_8624.JPG

 
パン粉を付けて、
0902DSC_8625.JPG

0902DSC_8623.JPG

 
よく揚げます。
カマスに比べて身が柔らかいので、よく揚げたほうがおいしいです。
 

0902DSC_8627.JPG
 

 
淡白だけど、柔らかく、ばあば お気に入り。
 
 
 
 
 
 
[PR]
by obakappu | 2009-02-24 07:03 | 2008 料理・・・肉 | Comments(0)

なまこ

昔は、よく、海でとってきて食べた(・・・って、何十年前の話だ??)。
私が小学生くらいまでは、三浦半島でも真鶴半島でもなまこが捕れた。まあ、小学生を過ぎてからは、海になまこを捕りに行っていないような気もするから、この期日はいい加減だ。
 
私のいい加減な調理法方は、まず、まな板の上でたっぷりの塩で揉む。

0812IMGP1360.JPG
 
今回は、指先の怪我が多くて、しみるのでこんなことで済ませた。

0812IMGP1361.JPG

ってことは、こんなことで済むということだ。
とにかく、塩でしばらく揉めばいい。
 
 
それを水で洗う。
 
0812IMGP1362.JPG

まるで糸のように、絡んだぬめりが見える。
要は、このぬめりが取れれば良いわけ。
さらに手でよくこすって、ぬめりを洗い取る。
 
0812IMGP1363.JPG

丸の中の口の部分、を切り捨てると書いてあるレシピが多いけれど、私は、この触手とその中の硬い部分だけを切り捨てる。捨てる部分はほんの少し。命をいただくんだからね。
 
0812IMGP1365.JPG
 
柔らかいところが腹側なので、そこを縦に切って、開く。
 
0812IMGP1368.JPG

中に泥が入っていることもあるので良く洗う。
「このわた」は美味しいから、洗って食べろなどとよく書いてあるけれど、魚屋で買ったなまこには、たいてい内臓は入っていない。
なまこは、捕まえて、循環したきれいな水に入れておかないとすぐに内臓を吐き出してしまうのだ。
日本の漁でとったなまこ、たいていは内臓を吐き出している。
空っぽだと思ったほうがいい。

子供の頃見たものは良く覚えているねえ。(ははは)

あ、ご心配なく。
なまこは、そのあと、内臓を再生できる。食べちゃうのに、心配もないか・・・。
 
0812IMGP1371.JPG

きれいに洗ったら、好みの厚さに切って、三杯酢につける。

0812IMGP1372.JPG

出しを引くのが面倒なぷーままは、①酢、②砂糖、③しょうゆ、④昆布(小さく砕く)でつける。
以上、出来上がり。
冷蔵庫で一日つけてからが好き。
すぐ食べるのが好きな人もいる。
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昔、日本寄生虫学界に、毎回同じ発表をする人がいた。
なまこには、カクレウオという魚が共生している、と高校の生物の教科書にも載っていた。
片利共生(片方にだけ利益のある共生・・・隠れているカクレウオにだけ利益がある・・・)の絶好の例として載っていた訳だけど、この先生は、毎回、
「 カクレウオは共生ではない。寄生しているんだ! 」 と叫びに来ていた。
聴衆は全く動じない。はいはいはい。そうですか。おしまいですか?では次。
って感じ。
何回か私も聞いたけれど、カクレウオの腹の中を調べるとなまこの腸が入っているのだそうで、なまこは腸を食べられているのだから、共生ではなく寄生されているんだと、そういう主張だった。
いつまでその発表を続けられたのかを私は知らないが、未だにカクレウオは共生となっているところを見ると、誰も取り上げることはなかったんだなぁ。
 
 
ところで、今、ウィキペディアの「ナマコ」を見たら、浮遊性のナマコという気持ち悪い写真が載っていた。
こんな奴に海の中で会いたくないなあ。
(・・・って、私、もぐらないけど。) 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by obakappu | 2008-12-21 07:57 | 2008 料理・・・肉 | Comments(0)

熱々ご飯に

0812IMGP1354.JPG

スモークサーモン作ると、これがたくさん出ます。
ただ捨ててしまうのはもったいないので、去年からオーブンで焼いています。

その前はフライパンで焼いていました。
 
焼いて、筋肉のところだけほぐし取ります。
脂ギンギンです。
色はうすーいピンクか黄色です。
 
0812IMGP1357.JPG
 
子供たちによると、生臭いそうです。
脂がギンギンに乗っているところだからでしょう。
鮭の「とば」と呼ばれるところと同じ味です。
 
熱々ご飯にのせて食べると美味しいです。
 
一回、散らし寿司にしてみましたが、美味しいのですが、この色ですから、美しくありませんでした。
あら、たっぷりとったお皿の写真撮り忘れましたね。
 
昔は、中骨とかももらってきて、鮭そぼろ作っていたのですが、最近は暇がないので置いてきてしまいます。
置いてきた中骨、魚屋さん、売っています(笑)。
 
 
 
 
 
0812DSC_5510.JPG

これが出来上がりの写真ですよ。
 
 
 
 
  

 
 
 
 
[PR]
by obakappu | 2008-12-15 02:11 | 2008 料理・・・肉 | Comments(0)

私らしい・・・

0812DSC_5444.JPG
 
チャーシュー焼きました。
今回は、オイスターソースをたっぷり入れて漬け込みました。
肩ロースは、縦半分に切って、ちょうどゆで卵の断面よりちょっと細いくらいの太さです。
 
180℃ 35分 コンベックの上段でちょうどよく、こげもせず焼けました。
写真では、こげたみたいに写ってますが、ちょうどよい焼け方でした。
(新しいコンベックでの時間がだんだんわかってきたところです。) 
 
チャーシューといったら、中華おこわのぷー家。
 
 
0812DSC_5394.JPG

とても人間がいい加減なので、塩大臣によく笑われます(あきれているのか・・・?)。
「計量スプーン使わないのに、レシピ見るのね。」

そう、レシピは目安ですから・・・
 
もち米一キロ(使うときは一袋・・笑)(特売で250円しなかったの)を朝から洗っておいて、
中身は、水煮竹の子大一つ、にんじん大一本、干ししいたけ8枚、牛蒡中一本、チャーシュー2本(一本は一センチの角切り、一本は一センチの輪切り)
材料は全部角切りにします。

今回も、具は、体積でもち米より多いです。

輪切りのチャーシュー以外を大なべに入れて、しょうゆ大匙8、砂糖大匙2、塩小さじ2、酒大匙4、干ししいたけの戻し汁を入れて煮立てます。
そこにもち米を入れて、水を全部吸わせます。
 
0812DSC_5445.JPG


吸ったら、蒸し器に蒸し布を置いて、そこに全部移します。
あ、蒸し器は沸騰させておきますよ。
 
0812DSC_5446.JPG

輪切りにしておいたチャーシューを混ぜ込みます。
 
0812DSC_5447.JPG

蒸し布でくるんで、強火5分、その後中火と弱火の中間くらいで20分蒸します。
 
 
ふふふ。
いつもと違って、輪切りのチャーシューがいい感じです。
豊かな感じがします。

うん。
 
 
 
 

あ、
出来上がりの写真、撮り忘れました

みんな大好きなので、ばあばなんて、おかわりたっぷりするし、お弁当に持っていったり、2日間にわたって食べたというのに・・・・
 
 
 
ま、私らしいといえば、全く私らしいですけどね。
 
 
 

 

 
 
 
 
 
[PR]
by obakappu | 2008-12-10 08:00 | 2008 料理・・・肉 | Comments(0)